ピラティスにはダイエット効果あり!インストラクターが痩せる秘訣をこっそり公開

ウサギさん
ねえねえ、最近流行りのピラティスって、ダイエット効果もあるの??

ゆか
うん!ピラティスは身体を引き締めたい人にも人気やで!

「ピラティスはダイエット向き」とよく言われていますが、ピラティストレーナーの私もこれには納得できます。

ピラティス未経験の人は、「ほんとにダイエット効果あるの?」と疑問に感じますよね。

そこで本記事では、「ピラティスがダイエット効果的な理由」ピラティス指導歴6年の私がていねいに解説します。
さらに「ダイエット効果を上げるための5つのポイント」も教えますね!

こんな人におすすめの記事

食べるのが大好きだけど、身体を引き締めたい
普通の筋トレや有酸素運動は苦手
もうリバウンドしたくない

最後にダイエットにおすすめの動画や書籍もご紹介します。今度こそダイエットを成功させたい方は、最後まで読んでくださいね。

Contents

ピラティスに隠されたダイエット効果の理由とは?ピラティストレーナーが解説。

ピラティスに隠されたダイエット効果の理由とは?インストラクターが解説。

なぜピラティスでダイエットできるのか?その効果の理由をピラティストレーナーの私が説明します。

お腹のインナーマッスルを意識するから

ピラティスは全身を鍛えられるエクササイズですが、とくにお腹のインナーマッスルを使って動くので、お腹の引き締めに効果抜群です。

4種類ある腹筋の中でも、平らなお腹にするために必要な「腹横筋」や、くびれ作りに必須の「腹斜筋」を強化できるピラティス。

ただし!正直、ピラティスだけしていても腹筋はなかなか割れません。縦線はできますが、男性が目指しがちなシックスパックは難しいです。なぜなら、シックスパックは「腹直筋」と呼ばれるアウターマッスルをメインで鍛える必要があるからです。

反対にピラティスでは、深層の腹筋を鍛えることがメインなので、女性らしいキレイなお腹を目指せます。

実際、私のお客様から「会社のスカートが1サイズ小さくなった」と報告していただきました。ぽっこりお腹解消には、ピラティスが最強かもしれませんね。 

下半身や背中などの大きな筋肉を鍛えるから

「ピラティス」=「インナーマッスル」と思われがちですが、アウターマッスルもしっかり鍛えられます。

ももの裏にある「ハムストリングス」やおしりの筋肉「大殿筋」、背中の大きな筋肉「広背筋」など、年をとると衰えがちな筋肉にもアプローチ。

これらの大きな筋肉を鍛えると、代謝がアップするので結果的に痩せやすい体になるのですね。逆を言えば、筋肉が減るとと代謝が下がり、食事を制限しても痩せにくい身体になってしまいます。

だから、大きな筋肉を鍛えることで筋肉量を増やすことが、ダイエットには必要不可欠なのです!
 

骨盤の歪みや姿勢が良くなるから

ピラティスはただ筋肉を鍛えたり、ストレッチしたりするメゾットではありません。

本来の目的は、筋肉や骨を正しく使い、筋バランスや崩れた骨の配置を整えて、姿勢を改善すること。

意外に思われるかもしれませんが、姿勢の崩れで痩せにくくなっている可能性も大きいんですね。

例えば、猫背姿勢のように背中を丸くしていると、腸が圧迫されて、腸内環境に悪影響を及ぼします。腸の動きが悪ければ、便秘の原因になり、めぐりの悪い身体になってしまうのです!

キレイな姿勢になるだけで自然にダイエットできる」と言っても過言ではありません。
 

ピラティスのダイエット効果を発揮するために必要な5つのポイント

ピラティスのダイエット効果を発揮するために必要な5つのポイント


先ほどお伝えした通り、ピラティスにダイエット効果があるのは確かです。

とはいえ、ピラティスは痩せる魔法ではありません。

よりダイエット効果を得たい人は、以下のポイントを意識しましょうね。

1.普段の姿勢に気をつける

ピラティスをしていない時でも、日頃から正しい姿勢を意識することでダイエットしやすくなります。

よく考えてみると、1日の中で運動する時間よりも、圧倒的にその他の時間の方が多いですよね?

せっかくピラティスで姿勢を整えても、終わった瞬間にダラーんとした姿勢に戻ってしまうのはもったいない!

だからこそピラティスしていないときの時間の過ごし方が大切!日常生活や仕事の場面で、正しい姿勢を意識するだけでもでダイエット効果も変わってきます。

2.食事を整える

いくら運動を頑張っても、甘いものや脂っこいものだらけの食生活ではなかなか痩せられません。

とくに糖質制限はおすすめできないです。過度に糖質を制限すると、ダイエットが成功しにくくなるので、積極的にお米を食べてほしいです。

よかったらこちらの記事を見てくださいね。

筋肉をつけるための食事を意識することで、ダイエット効果を感じられるはずですよ。

3.こまめに動くようにする

ダイエット目的でピラティスする場合は、週に1回1時間だけ行うよりも、「毎日15分」という感じで運動する日を増やしましょう。

たった15分でも毎日続ければ、1週間で2時間近く動いたことになり運動量が増えますよね。あと、「15分だけ頑張ればいい」と思うと、心理的負担も少ないはずです。

運動に慣れていない方にとって、家で自主トレする場合は、1時間も集中力が続きません!ピラティストレーナーの私でさえ、家でのトレーニングは30分から45分程度です。

「量より質」を重視して、短い時間でもしっかり集中することがダイエットの秘訣!
 

4.細く長く続ける

ピラティスに限らずの話ですが、運動をちょっとやそっとしたところで、体は劇的には変わりません……。

めっちゃハードな運動で追い込めば減量は可能ですが、身体を壊してしまっては本末転倒。女性はホルモンバランスの関係もあるので、激しくて負荷が強すぎるトレーニングは控えましょう。

正直、ピラティスはダイエットに効果的ですが、ウェイトトレーニングなどに比べると体に優しいエクササイズなので、即効性はないかも?

でもその分、何歳になっても長く続けられるのがピラティスの魅力。「一生キレイでいたい」そんな女性の願いを叶えてくれます。

5.理想のゴールを決めておく

健康的なダイエットを成功させるには、「理想の自分」を描くことがとても重要です。

最近では、ただ細いだけではなく、「適度に筋肉があり、引き締まった体」を手に入れたい女性が増えているように感じます。

痩せるだけのダイエットはとにかく不健康。肌や髪のツヤもなくなり、老けた印象に見えてしまします。

だからこそSNSやダイエット広告に惑わされず、「自分はどうなりたいのか?」を明確にして紙に書き出すことが大切。

ここで気をつけてほしいポイントがあります。

  • 体重を減らすことを目標にしない
  • 今の自分を否定しないで受け入れる
  • 誰かの基準ではなく、自分の基準で決める

ダイエットとリバウンドを繰り返さないためにも、そして自分を好きになるためにも、心と体に優しいダイエットをしましょう!

まとめ:ピラティスでダイエット効果を得たいなら今すぐ始めよ

まとめ:ピラティスでダイエット効果を得たいなら今すぐ始めよう


ここまで、ピラティスがダイエットに効果がある理由と、健康的に「一生キレイな体型」を目指すためのコツをご紹介しました。

今日のまとめ

ピラティスで身体を整えることで痩せやすい体質になる
ピラティスは即効性はないが、続けることでダイエット効果を得られる
よりダイエット効果をあげたいなら、普段の姿勢や食事などを意識することが大事
他人基準ではなく、理想の自分を思い描くことがリバウンドしない秘訣

ちょっとでも早くダイエット効果を感じたいなら、とりあえずピラティスを始めてしまいましょう!マットピラティスなら、家で今すぐできるので。

こちらは私が出演と監修補佐したダイエット向けのピラティス動画です。お腹はもちろん、お尻や腕の引き締めに効果があります。

Yuka(金田ゆか)
旅するピラティストレーナー|ライター
1986年生まれ、AB型、神戸在住。ロサンゼルスでダンス留学3年、都内でピラティス指導5年、ノマドライターを経験。登山の魅力に目覚め、アクティブに動く旅を実践している。体を動かすことの楽しさを伝えるとともに、登山を中心にサステナブルな旅を発信。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Contents
閉じる