複業フリーランスの私が効率的に働くためにやったこと

フリーランス 効率的 女性

私はなんでも時間をかけてしまうのだが、9月に入り、なかなか効率的に働けるようになったと感じている。 比較的ダラダラすることもなく、かといって寝る直前まで仕事をすることもなかった。

毎日ほどよい疲れがあり、眠りにつくまでは少し時間がかかったが、 7〜8時間の睡眠を確保できるようになった。

私は複業フリーランス(ピラティストレーナーとライター)でずっと家にいるわけでもなく、 かといって出ずっぱりでもないので、 少し特殊なケースかもしれない。

こういう『一風変わったフリーランス』が書いている記事が見つからないから、効率的に短時間労働で幸せに働くために、私がやったことを書き記してみようと思う。

働くウサギさん

おもしろそう!私、時間管理が苦手なのよね。気づいたら働きすぎで疲れちゃって。。

Yuka

私もそうやったけど、効率的な働き方で心も体も健康になれるよ!

Contents

3度目の正直で「notion」を使い出した

「一度これがいい!」と思うと、私はそこから抜け出せない性分だ。 特に手帳に関しては手書き派で、 今までうまくいったのはバレットジャーナルのみ。 

といっても毎日書き込むわけでもなく、「年女だから」という理由で買った”トラのスケジュール帳”の見開きカレンダーに仕事の予定を書き込んでいる。

手書きのいいところは、 手作り感があるところだ。 決して綺麗な配列ではなく、 書き間違えることもある。 でもそれがまた心地よく、 書いている行為自体が楽しみなのだ。 

ただしアナログ手帳にはいくつか欠点がある。

予定が変わってしまうと、いちいち消したり追記したり、何かと面倒である。あとは小さい手帳であればあるほど、タスクや予定の全体像が見えにくいこともデメリット。

notionの場合は、テンプレートを利用すれば、バレットジャーナルのように時間をかけてページを作る必要がない。「複製」という機能があるので、ボタンひとつでページごとコピーできる。

あたかもnotionこなれてる感を出している私だが、実は2回も挫折している。

YouTuberスワンさんの「【新機能あり】最強になったNotionのタスク管理方法を解説!」という動画を見て、これはやらなあかんと思い立ったのだ。早速新しいテンプレートを拝借してスタート。

でも、”ちゃんと”やろうとすると歯止めが効かなくなるから、notionをバレットジャーナル的に使うことにした。

以下は、私なりにアレンジしたnotionの使い方だ。

基本は、前日か当日に「仕事のタスク」「日常のタスク」を書き、当日はそれを行う時間も書いている。 最初はタスクの時間を書かなかったのだが、そうなると予測がつきにくい作業があり、 「目安の開始時間」を書いている。

開始時間を書くことで、いつどの順番でやればいいかが明確になり、 頭の中が整理できた。 「 この日はタイトそうだな」 と思ったら、ドラッグしてタスクを入れ替えたり他の日に移したりできて便利だ。

notionは週ごとにタスク管理するのに向いているので、トラの手帳の月間ページにも仕事やプライベートの内容を書き込んでいる。

紙に書くほうがワクワク感が出る。notionを使うとなぜか「仕事ができる女」感が出る。このまま併用して様子を見てみようと思う。

効率にうるさいドイツ人になりきってみた

私のパートナーがドイツ人ということもあり、日常生活からドイツ人の考え方や価値観に触れている。彼の口癖は「Efficiency(効率)」だ。

最初は「うるさいなぁ。家事くらいマイペースにやらせておくれ」と反抗的な態度をとっていたのだが、よくよく考えると、同じ作業をするなら早くできたほうが、絶対的に自分が楽になる。

特にフリーランスの仕事は時給制ではないから、仕事のスピード感は大切だ。仕事が早く終われば、それだけ自由な時間が増える。

ドイツ人は会社員であっても、ほとんど残業をせず、定時に帰って友人や家族との時間をゆっくりと過ごすそうだ。ただし彼の場合は、朝の7時半に出社し、とにかく速さを求められるのでプレッシャーも多かったそう。

それでも私は、ドイツの働き方を見習いたいと思う。働くときは、他のことを何も考えず、仕事だけに没頭する。その後の時間は自分の幸せのために有意義に使う。

仕事よりも人生を大切にする生き方

これは日本人も取り入れていくべきだと思う。多くの日本人は明らかに働きすぎで、それがデフォルトモードになっている。

運動する時間を取れないのも、料理ができないのも、お酒に頼ってしまうのも、コンビニのスイーツや菓子パンを食べすぎてしまうのも、すべてストレスからくるものだ。

「ドイツ人ってすごい!」とすっかり感心した私は、態度をひるがえし、できる限りドイツ人になりきって仕事も家事も実行した。

具体的には、何をするにおいても「これは効率的かどうか?」と自分で考えるようにしたのだ。

例えば、ライティングの仕事をするとき、音声入力にしたり読書してから執筆にとりかかったり、1分でも短い時間で効率的にタスクをこなす方法を実践してみた。

これで生産性が上がったのは言うまでもない。

さらに嬉しかったのは、日々の幸せ感が増したこと。全力でドイツ人になり切ってみて、ドイツ国民の幸福度が高い理由がわかった。

仕事の終了時間を早めに設定した

ピラティスのレッスンは時間が決まっており、遅くても20時ごろには終わる設定にしている。

ただ、ライティングの仕事に関しては終了時間が決まっているわけではないので、際限なくやってしまうことが多かった。 

締め切り日が近づくと、夜な夜な執筆に励み、最悪の場合は徹夜をすることもあるほど。このときばかりは、ピラティストレーナーであることを忘れる。

どうやら私の中には、毎日たくさん寝て健康に過ごしたいピラティストレーナーと、 寝ることも忘れて仕事に明け暮れるライターの2人の自分がいるようだ。

正式にアラフォーといわれる世代になった今、どう考えてもピラティストレーナーの自分の意見を採用するべきだと思った。

だからライティングをする日は、 自分で作業の締め切り時間を設けることにした。 

最初は18時や19時に終わる設定にしていたのだが、思った以上に素早く書けるようになり、時間が余ってしまった。

ただしここで気をつけたいポイントがある。

仕事が早めに終わったとしても、 予定のタスク以上はやらないこと。 なぜなら気力を使い切らないためだ。

私は決して気力があるほうではない。 むしろ細かいことが気になる性格なので、脳が疲れやすい。

ヘッドマッサージに行くと、「めちゃめちゃ硬かったですね〜!」と言われ、セラピストさんの手を疲労させて申し訳ない気分になる。

体力があるから、無理をさせてしまうことがあるが、実は心も体もヘトヘトに疲れている場合がある。その特性を知っているからこそ、”頑張って”仕事をストップするのだ。

そう、働くことを頑張るのではなく、休むことを頑張る

人は休むことでエネルギーをチャージして、活力がみなぎり、イキイキと働けるようになる。仕事も家事も人との会話も楽しめるようになる。 効率的に働くために積極的に休む。

だから仕事の終了時間をなるべく早くして、 ほかの時間は好きなことをしたり心と体を充電したりして、自分のための時間にあてる。

あと職種にもよるかもしれないが、早めに仕事を終わらせるには、案件を抱えすぎないことも大切。

自分のキャパシティを知るためにも、ワーカーホリックになりがちなフリーランスの人には、この方法を実践してほしい。

リラックスタイムをスケジュールに入れた

私たちはついつい、日々のやらなければならないタスクを優先してしまいがちだ。

朝起きてバタバタと家事をしたり身支度をしている間にあっという間に時間が過ぎ、 日が暮れるまで仕事をする。 帰ったら晩御飯の用意や片付けをして、シャワーを浴び、気づけば寝る時間が訪れる。

なんとなく SNSを見たりスマホをいじったりするけれど、 本当に自分がやりたいことではなかったりする。 無駄にダラダラしただけで、心と体は休まらない。 だから翌朝もすっきりとせず疲れている。 

あなたには思い当たる節はないだろうか。

かくいう私も、同棲を始めてからというもの仕事か家事のタスクで一日が埋まっていました。 それどころか未完了のタスクが増え、すべてが後ろ倒しになる始末。

締め切りに間に合わなかったこともあったし、 彼と約束していたイベントの予約をし忘れ、チケットが売り切れたこともあった。(その後、無事にチケットをとれて一件落着。やれやれ……)

最初からリラックスする時間を組み込んでおくことで、好きな読書やノートタイムをとれるし、プライベートの予定を立てる時間もできるし、何より心身が休まる。

私は、自分の心身を整えることが、人生の中で一番の優先事項だと思っている。 リラックス時間を確保した上で、仕事を割り当てていく。 

休む時間が取れないのであれば、 職場や仕事の形態を考えたほうがいい。それほど健康が何より大切なのだ。

自分のためにも、大切な人のためにも、 健康を第一に考えたスケジュール設計をしてほしいと強く願う。

タスクの効率化で、毎日ゆるく過ごす♪

「効率的に!」という人は、 せわしないイメージがあるかもしれない。 いつでも時間を気にしていて、 せかせか動き回る人。

私はマイペースに行きたいタイプで、 効率ばかりを意識するのに抵抗があった。

でも実験してみて、わかったことがある。

効率的に動けば動くほど、「やりたいこと」「好きなこと」「休むこと」ができるようになり、心にも余裕ができた。

仕事や日々の家事はしっかりこなしながらも、毎日ゆるゆると過ごせている。

今の目標は、もっと心も体も脳もゆるめること♪

そのためにタスクは効率化していきたい。

Yuka(金田ゆか)
複業フリーランス・ピラティストレーナー・ライター
1986年生まれ、AB型、神戸に移住。ロサンゼルスダンス留学3年、都内でピラティス指導、ノマドライターを経験。現在は登山に夢中!誰かと比べない自分サイズの生き方・働き方を実践している。プライベートではドイツ人のパートナーと同棲中♪
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Contents
閉じる